ORANGE OMNI

ORANGE OMNI(オレンジオムニ)は、
店舗システムとECシステムを統合するオムニチャネル化によって、
次世代の販売システムを構築するエスキュービズムのソリューションです。

店舗システムとECの連携で、より効率的で発展的な販売モデルを構築。

店舗POSシステム×ECサイト
ORANGE OMNIで実現できること

ORANGE OMNIでは、会計情報や顧客情報、在庫情報などのあらゆる情報を統合データベースにて一元
管理します。ECサイトと店舗のPOSシステムで、必要な時にそれぞれの情報を呼び出して処理を行うため、
常にネットとリアルをシームレスに融合している状態となります。

ECで購入した商品を店舗受取

ECサイトで購入した商品を店舗で受け取る仕組みを実現。自宅に届くのを待てない緊急度の高い顧客や、不在が多く平日に荷物を受け取りづらい顧客への販促アプローチができます。

ECから店舗在庫検索/取り置き

指定の商品を店舗在庫から取り置くことが可能。実物を見てから買いたい、一度試してから決めたい、という顧客を店舗へスムーズに送客することができます。

店舗とECサイトのポイント共通化

店舗への来店や店舗販売でポイントを貯め、ECサイトからポイントを確認したり、ポイントを利用した購買が可能です。

購入履歴の共通化でリピート促進

店舗とECサイトの購入履歴が共通化されるため、前回購入した物を店頭で確認して再購入したり、消耗品のリピート買いを促進します。

1to1マーケティングを実現

会員IDに紐づいた購買データを集約し、マーケティングに活用することが可能に。SNSを活用した告知キャンペーンやメルマガ配信、店頭POP掲載など、性別や年代ごとの客層に合わせた効率的なアプローチを実現します。

これからの販売システムの構築においては、
データベース統合(oneDB化)、マルチチャネル、
マルチデバイスが重要となります

実際にパフォーマンスを発揮できるオムニチャネルを実現するためには、単純に店舗とECサイトの商品
データを共通化するだけでなく、データベースの統合、顧客の利用デバイスを制限しないこと、顧客
との接点を可能な限り多く持つこと、の3点が重要です。

01.データベース統合
データ整理、データベース統合は
すべての基本

商品情報、在庫情報、顧客情報、接客履歴、ECサイトでの商品閲覧履歴、過去の購入履歴、ポイント履歴など、すべての情報を統合し、店舗担当者もECサイト担当者も分け隔てなく参照できる状態を作ることは、オムニチャネル化の第一歩です。

ECサイトで購入した商品の店舗受け取りや、店舗で発行されたポイントを利用したECサイトでの購買など、統合されたデータに基づいた様々な施策によって、店舗とECサイトの相互送客がスムーズになるだけでなく、それぞれのチャネルにおける顧客の行動・購買データを活用することで、チャネルごとに最適なマーケティング戦略を設計することが可能になります。

データベース統合イメージ

02.マルチデバイス
顧客がどのデバイスを使っても
良い状態を作る

ブランドのサービスやコンテンツを、PCやスマートフォンはもちろんのこと、顧客が利用するすべてのデバイスで等しく使える(同一ID)ようにすることで、顧客に煩わしさを感じさせない快適な購買体験を提供することが重要です。

また、顧客のデバイスのみならず、店舗のPOSシステムやデジタルサイネージなど各種什器においても同様です。顧客がどこでどのような状態でサービスを利用しても、同じブランド体験を得られることが、顧客の満足度向上に繋がります。

マルチデバイスイメージ

03.マルチチャネル
顧客とのあらゆる接点をつなぐ
仕組みを作る

店舗、ECサイト、SNS、メルマガ、DMなど、顧客と繋がるチャネルを可能な限り多く用意することも重要です。より多くのチャネルを用意することで顧客との接点が増え、それぞれのチャネルにおいて最適なマーケティング施策を打つことが可能になります。

また、チャネルごとに「買う理由」を用意することは、顧客に新たな購買体験をもたらし、その積み重ねがエンゲージメントを生み、最終的には客単価の向上に繋がります。

マルチチャネルイメージ

オムニチャネル導入事例

Familiar

株式会社ファミリア 様

ブランドの理念である“For the first 1000days” という考え方に基づき、妊娠期から2歳までの1000日間をより良いものにすることをコンセプトに、子供服ブランドでありながら、レストランカフェやクリニック、撮影スタジオなどを運営。ORANGE POSを導入することで、ECサイトの顧客情報を統合し、それら施設のWEB予約や会計の一元管理を実現しました。

導入事例:ファミリア
※各事例情報はインタビュー当時のものです
最新のオムニチャネル情報
CREATE the PLATFORM